e0195589_13493324.jpeg


「大丈夫。期待するようなこと何もおこらないから」うつせみの朝



何か自分に暗示をかけてしまうようなことがあるのだろうか。


意味を持たせようと思えばいくらでも意味があるような。
特別だと思えば確かに特別かと思うような。
いくらでも自分の思い通りに変な魔法かけちゃってんじゃないのかしら。


去年から、スイカもクリームソーダも好きになったのだけど、これは夏の魔法です。



[PR]
# by kikiki-kuuko | 2018-08-20 13:49 | hibi
e0195589_09102852.jpeg


ちいさな郊外都市に住んでいて、
いきたい店も会いたい人も自転車でちょうどよい。
(こちらに出向いてもらうことも、連れ出してもらうことも多いのだけれど。)


自分にはちょうどよいと思っていた。
ちょうどよいどころか追いつけないこともたくさんで、身に余る。

わたしの思うことはわたしの中だけで、
ちょうどよいと思えばそれでちょうどよい。

ちょうどよいのがちょうどよいのだけれど、
たまに、ちょうどよくならないで。

その線を超えてこちらへ
その線を超えてあちらへ

ドキドキして胸が苦しい
足が震えて息もできない
眩しくて何も見えない
どうにかなりそう。

その線を超えたらば。

つくば市立図書館アルスの青い椅子はちょうどよい青。
ガラスの向こうの緑とのその関係。
ちょうどよいはちょうどよいのだろう。



2018年上半期にいちばん思ったことは
みんな、結婚するなー(わたしが寝てる間に)です。


[PR]
# by kikiki-kuuko | 2018-07-30 09:10 | hibi
e0195589_17380076.jpeg


夏が来るとは思わなかった。
このわたしに夏が。
と、突然思う。洗濯干しながら。
なんだろか。
順繰りと季節はめぐっていたはずなのに。


庭の緑は勢いを増し。
空は高く晴れ渡る夏が。
来ました。わたしにも。きっと。
たくさん陽を浴びて過ごしたい。
また突然どこかへ行ってしまうかもしれないから。

朝も
昼も
夜も
美しいよ夏は。

そのすべてを見届けよう。
こころのフィルムに焼こう。
って気持ちです。

わたし。夏、なんです。


[PR]
# by kikiki-kuuko | 2018-06-29 17:24